【書評】『沈黙のWebライティング』からSEOのコツを学ぼう!【レビュー】

レビュー&書評
スポンサーリンク

【Webライティング】とは「Webにおける言葉の使い方」です。

ブログやSNS、ホームページに至るまで、Webで何かを発信する際に使えるノウハウが詰まった良書です。

 

評判イイヨ!

 

 

今回はその内容についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

Webライティングの基礎が学べる

全631ページの本書。冒頭の約15ページはカラー刷りになっています。

 

ストーリー形式で読みやすい

基本的な構成は

  • ストーリー展開(マンガ)

  • 特別講義(詳細解説)

となっています。

マンガと言ってもきっちりとコマ割されているようなマンガではなく、LINE風な感じです。

ストーリーはテンポ良く進んでいきます。

特別講義のページは各章の最後。

単にストーリーページの「おさらい」ではありません。具体的に図表を用いてライティングについて解説されています。

太字の箇所を拾い読みするだけでも、Webライティングの基礎が学べます。マンガが苦手なら読み飛ばしても構わないでしょう。

しかし、この【特別講義】のページは必ず読み込んでください。

 

特にepisode01~03は重要です。

SEO対策

この本の購入を迷われている方は、ブログを書いていたりホームページを運営されている方が多いかと思います。当然、SEOについて関心があるかと思います。

この本にはGoogleなどに上位表示されるための秘策、読み手を惹きつけるコツが網羅されています。SEOのテクニカルな部分にのみ着目した書籍は数多くあります。SEOの基礎からきっちり解説している本は少ないのが現状。。。それ故にこの本はアマゾンでの評価も高いのです。

 

  1. なぜSEO対策が必要なのか?
  2. その理由に沿った具体的な対策方法はなにか?
  3. それをどうやって実行すれば良いのか?

 

私はこの本を購入し、
「SEOをカンタンに考えないほうがいいな・・・」と思いました。

SEOを理解した「つもり」の、独りよがりなライティングは、決してユーザー目線ではありません。私は、ユーザーが求める「情報」が圧倒的に不足していることに気づかされました。

『沈黙のWebライティング Webマーケッター ボーンの激闘』の読み方

マンガページだけを先に読む

ストーリー形式になっているマンガページだけを先に読む方法です。

登場人物は10人ほどですが、ストーリーは難解ではありません。一気に読めるので、読み終わるのも時間はかかりません。

【特別講義】だけを先に読む

これは逆に、マンガページを後回しにして解説ページを先に読む方法です。

まずは解説ページの内容を理解してからマンガを読むと、理解が深まります。

【まとめ】だけを先に読む

各章の特別講義の最後には、【まとめ】が載っています。

特別講義の内容がギュッと凝縮された内容になっています。ココを読んでから特別講義やマンガを読むのもオススメ◎

まとめ

600ページを超える分厚い本です。普通なら読み終えてから再び読み返すのは大変です。
しかし、この本に限っては心配無用!スラスラ読めるので読者の負担感がないので疲れないからです。つまり、著者の松尾茂起さんのライティングテクニックが見事に発揮されていると言えます。

難解な専門書を読むくらいなら、この本を暗記してしまうくらい読み込んだ方が良いでしょう。読み終えた後、ご自身のブログやホームページを見てみましょう。
きっと様々な「間違い」に気づくハズです。

「より良いブログやホームページに変えたい!」そんなふうに思わせてくれる良書です。

コメント

error: Content is protected !!