40代のうつ病患者が転職を決意。迷走必至の人事部長です。

就職・転職
スポンサーリンク

以前うつ病になった話を記事にしました。(こちら
数回、心療内科に通ったものの診療時間に外出することが難しいこともあり、治療をヤメていました。

ここにきて仕事に追われることが増えており、心身ともに疲弊していました。
そしてあのモヤモヤ感が心を支配しつつあります。

時期的に年末年始。
本来なら仕事に開放され、ゆったりと過ごせるハズの連休です。
旅行こそ行かないものの、家族での外出等を楽しみにしていました。

スポンサーリンク

仕事が頭から離れない!

ところが休暇に入ったというのに、何をやっていても常に仕事のことが頭にあり、まったくリラックスできないのです。

一種の「強迫観念」のようなものに憑りつかれているかのような感覚です。
この感覚は以前感じたものとまったく同じ。

この時、私は
「またうつになったのか・・・」と気づいたのです。

通院をヤメたからといってうつ病が完治したとは思っていませんでした。
うつ病は一生かけて治療していくものだと理解していました。

「いつかは再発するだろうな」
と思っていたので驚きはしませんでしたが、疲れ切った自分にヘトヘトでした。

転職を考え始めた

 

ほとんど現実逃避です。
職場を変えない限り、環境は改善されないことは明白です。

私の職場は離職率が高く、精神を病んで退職された方も多くいます。
「明日は我が身」
そう思っていましたが、現実はそう簡単に退職できません。

・人事部長になった
・200万円の借金が減らない
・子どもの教育資金
・両親の介護

特に責任あるポジションにいることが、転職に対する大きな足枷(あしかせ)になっています。
それがプレッシャーになっていることは事実です。

今の仕事を離れれば間違いなく生活が成り立ちません。
我が家は貯金もなく、10年間賃貸マンション暮らしです。
その家賃ですら払うことが難しくなるでしょう。
私の内緒の借金200万円も返済できないままです。

それでも転職を考える。
転職してでも環境を変えたい願望。

私は疲弊しながらも、眠れない夜に転職サイトを見るようになりました。
第70回紅白歌合戦を見ながら・・・

退職計画

いつヤメるのか?

当面の課題です。
就業規則では退職する2か月前に意志を示すことになっています。

人事部は年間を通じて忙しい部署です。
なかでも3月、4月は異動も多く、多忙を極めます。
「今、退職の意志を示せば間違いなくパニックになるだろうな・・・」

そう考えるのは当然です。
それでも私は「3月末で退職する」ことを決意しました。

40代半ばでの転職。
転職市場が厳しいことは私は立場上、よく知っています。

でも、自殺しかねないほど追い込まれている自分を助けたい。
そんな気持ちだけで、今日も転職サイトを眺めつつ明日の仕事始めを迎えます。

コメント

error: Content is protected !!