こうして私は多重債務者になりました。

借金
スポンサーリンク

見栄というものが当時の私を支配していました。

それはお金さえあれば全て解決できると思っていました。

スポンサーリンク

すべては【見栄】から

ギャンブル依存症で借金したことを以前書きました。

大学生活中、友人がレガシィを新車で購入しました。ロッド・スチュワートがCMに出てたあのレガシィ。

本革シートに彼女を乗せて、海やらBBQを満喫していた友人。彼は1年浪人して入学してきたので1歳年上。その姿は私の見栄っ張りな心に火をつけました。

「車、欲しいなぁ」

父が大のホンダ党。そんな私が欲しいと思った車は【レジェンド タイプα】。新車だと450万円。
買えるはずもなく200万円の予算で中古車を探すことに。

ただ、セルシオやシーマなどと比べタマ数が少なく、コンディションの良い車となるとなかなか見つかりませんでした。

予算の200万円は全てローンのつもりで購入計画を立てていました。
支払い回数は48回。月々48,000円!
フリーターだったのでボーナス払いは無し。連帯保証人は両親。

フリーターが月々48,000円のローンを組んで車を買う。
この完全無計画な計画がギャンブル依存症以上に、その後の私を大いに苦しめることになったのです。

捕らぬ狸の皮算用

車を手に入れてから半年ほどはギャンブルで稼いだお金とバイト代で、何とか延滞せず支払っていました。
しかし長くは続きませんでした。

48回の支払いのうち10回も支払わないうちにサラ金:プロミスの世話になったからです。
当時のプロミスの返済額は忘れてしまいましたが、自動車ローンとのW返済は相当苦しかったです。

それまではハイオク満タンで給油していましたが、すぐにレギュラー1,000円分で給油するようになりました。中古車だったので故障も頻発しました。

メンテナンスのほとんどは自分でやっていましたが、どうしてもディーラーに行かざるをえないケースもありました。
それに加え月極駐車場の支払いもありましたから、ランニングコストはかさむばかり。

見栄で購入した車に振り回される生活に悲鳴を上げていました。それでも「就職したら大丈夫。何とかなる。」と甘く考えていました。

借金の経験がある人は、どこかに自分への甘えがあるもの。「捕らぬ狸の皮算用」とはよく言ったものです。

そして多重債務者に。

4年間の車のローンは何度も延滞を繰り返し、何とか完済しました。

それから月々の返済金が48,000円減ってラクになったでしょうか?
結果的にラクにはなりませんでした。

それどころか車のローン返済、ランニングコスト、ギャンブル代、生活費が膨らみ多重債務に陥ってしまいました。
私の人生、最初の「つまづき」です。

error: Content is protected !!