マクロミルを攻略!かしこいポイントの貯め方とは?

副業・こづかいアップ

「小遣い増やしたい!」

常日頃こう考えている人は多いでしょう。

漏れることなく私もその一人。

でもアルバイトをする時間もないし、ギャンブルはリスクが付きまといます。

 

そして金欠の私が始めたのは、ポイントサイトでポイントを稼ぎ、換金するという副業でした。

 

大人気ポイントサイト

いつからか覚えていませんが、マクロミルでポイント稼ぎ=小遣い稼ぎをしています。

マクロミルはアンケートに答えることでポイントが貰え、それを換金することができる有名ポイントサイトです。

似たサイトはたくさんありますが、大手リサーチ会社が運営するだけあってアンケート数は豊富です。

 

あと少しで5,000円!

アンケート数が多いとは言っても1アンケートにつき3円くらい。(個人的体感です)

アプリに表示されるアンケートにひたすら答えまくります。

私は電車を待っている時間や就寝前に見ることが習慣になっています。

 

現在のポイント数は

 

 

1ポイント=1円です。

5,000円達成したらモチベーション維持のためにも、一度換金しようと思います。

 

換金するためには手数料が必要に思えますが、マクロミルは交換手数料0円!なのでポイント数がそのまま換金できます。

ただし300ポイントからの換金となりますので、まずは頑張って300ポイントを目指しましょう。

 

もちろん商品やギフト券、Tポイントに換えることだって可能!

具体的な目標があった方が貯めやすいですよ。

 

アンケート主の意図を感じよう

マクロミルを始めるとわかりますが、アンケートには

・事前アンケート

・本アンケート

の2種類があります。

 

【事前アンケート】は、本アンケートの前のアンケート。

あらかじめ登録した内容に合致したモニターに送られるごく普通のアンケート。

 

【本アンケート】は、事前アンケートを通過したモニターに対して行われる高ポイントなアンケート。

この本アンケートをこなした数だけ稼ぎが変わってくると言えます。

 

大きなポイントが貰える本アンケートに進むためには、事前アンケートに丁寧・正確に回答するしか道はありません!

 

事前アンケート=予選

本アンケート=本選

みたいなイメージ。

 

 

事前アンケートは質問の多いもの、少ないものがありますが適当に回答するのはもったいないですよ。

アンケートの主旨や意図を汲み取って回答した方が、本アンケートへのお誘いが多くなると言えるからです。

 

事前アンケートは回答者の属性をチェックするための「ふるい」です。

企業側が本当に回答してほしいモニターを選別するために行われるのが事前アンケートなのです。

 

事前アンケートへの向き合い方

アンケートには正直に回答しましょう。

でも本アンケートの高ポイントを意識するためにはどう考えたらいいでしょう。

 

(例)  あなたは毎日パンを食べますか。

 

①必ず毎食食べる

②たまに食べる程度

③パンは好きではない/パンは購入しない

 

まずこのアンケートの意図を考えます。

「どんな企業が、なぜ?」と考えてみます。すると

 

【パンの需要を知りたいパンのメーカーによるアンケート】

 

と推測できます。

もちろん真実はわかりませんが。。。

 

ただ、このように仮説を立てることが非常に重要。

 

企業がパンの需要を知りたがっているとした場合、③を選択したらどうでしょう?

パンが嫌い・買わない理由も知りたいかもしれませんが、①や②に比べるとアンケート主である企業側から見ればネガティブな印象ですよね。

③を選択したことですぐにこのアンケートは終了し、結果的に本アンケートには進めないでしょう。

 

逆に①や②と回答したモニターに対しては食べる時間帯や、パンの種類、銘柄など企業側が知りたい情報を以降の質問で聞くことが可能になります。

そして企業はより突っ込んだ質問を本アンケートで聞くことができるのです。

 

ただし虚偽の回答はモニタ規約第6条「モニタの禁止行為」の1-gで禁止されている行為です。

虚偽または事実に反する情報の登録または回答をする行為

本アンケートに進みたいからといって、虚偽の回答にはくれぐれも注意してください。

 

登録情報との矛盾に注意しよう

これに関連して登録情報と矛盾した回答は避けましょう。

性別や登録内容の矛盾は当然NGです。

 

よく聞かれる質問として【職場の従業員数】や、【子どもの生まれた時期】があります。

これらも質問によって聞かれ方が異なるものの、答えは1つしかないハズです。

 

公式HPには

アンケートの依頼頻度は、事前調査の回答内容・回答状況・ご登録の属性(性別・年齢・居住地等)
によって左右しますので、頻度や件数は人によって異なります。

と記載されています。

回答内容や回答状況に「問題アリ」と判定されたら、本アンケートはおろか、事前アンケートもあまり届かなくなります。

 

本アンケートは即回答!

多くの本アンケートは定員になり次第、配信されません。

せっかく届いていた本アンケートへの回答を後回しにしたばかりに、

 

「ない。。。」

 

なんてことが起こってはもったいない!見つけたら即、回答したいものです。

公式HPのQ&Aでも

アンケートは必要回答数集まりますと、予定していた期間よりも早く終了することがあります。

とあります。

 

ただし、本回答は突っ込んだ内容になることが多いため、質問のボリュームが大きく回答にも時間を要する場合が多いです。

回答する場合はその点も注意しましょう。

回答結果を送信完了するまでがアンケートです。

 

まとめ

闇雲にアンケートに答えると、私のように時間がかかってしまいます。

アンケートの意図を感じ取って回答することで、本アンケートへの扉が開かれます。

この意識の違いは、アンケートをこなせばこなすほど顕著になっていきます。

 

一日あたりの目標ポイント数を、自分なりに設定しておくのもいいですよ☆

コメント

error: Content is protected !!