【書評】新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング【レビュー】

レビュー&書評
スポンサーリンク

ブログを書き始めてけっこう時間が経つ私ですが、特に「文章力」について誰かから学んだことはありません。

ただ普段から読書をすることは意識していて、時折このように書評記事をアップしています。

今回ご紹介する書籍は主にブログを書いている人や、ホームページを運営している方向けといえる内容になっています。

とはいっても小説を書く人にも役立つことが77項目にわたって紹介されています。

スポンサーリンク

著者:唐木元さん

「ナタリー」というサイト(https://natalie.mu/)をご存知でしょうか?

音楽やお笑い、マンガ、映画などにフォーカスしたニュースサイトです。

著者の唐木元さんはコミックナタリーの初代編集長をされていた方。【唐木ゼミ】と呼ばれる社内の新社員向けトレーニングがあり、新人ライターに対して唐木ゼミで伝えていたメソッドをまとめたものが本書です。

第1章:書く前に準備する

著者が言う「良い文章」とは「完読される文章」という点に注目です。

私のブログもそうですが、ライターは伝えたいことがあるから書くのです。最後の一文まで読みきってもらうことが第一なのですが、簡単なことではありません。

 

文章や車の運転と同じでクセがあります。
「わかりやすく読みやすく」と思っていても、知らないうちにクセが顔を出していて読みにくい文章にしているものなのです。

 

そのクセを封印してしまうことが大切。

 

著者は「書き始める前に、主眼(テーマ)と骨子(骨組み)を立てること」が重要と書いています。
ライターなら誰もが意識している点なのですが、やはりペンが進むうちに疎かになってしまう点といえるでしょう。

第2章:読み返して直す

いろいろなブログやSNSを読んでいて、誤字・脱字に気づくことありますよね?

書いた後に読み返せば発見できるハズなのに、そのままになっているのは読み返していない証拠。

読み返すことで誤字・脱字のほかに、主語と述語のかみ合わせをチェックできます。主語を省略することが多い日本語において、主語と述語のかみ合わせは大切です。

こういったかみ合わせの悪いことを「主語が滑っている」と表現します。
主語が滑っているとライターが伝えたいことがうまく伝わらないばかりか、結局何が言いたい文章なのかがボヤけます。
文章の構造を意識して読み返すことが重要です。

第3章:もっと明快に

この章は主語・述語だけでなく接続詞や助詞、修飾語にもスポットをあてています。

わかりやすく伝えるために、徹底的に余計なことや単語を削る方法が紹介されています。豊富な例文で改善点を教えてくれる内容になっています。

「読者に頭を使わせず負担を与えず、伝えたいことをすんなり最後まで飲み込んでもらえるように提供すること」が第3章の目的になっているからです。

第4章:もっとスムーズに

「スームズな文章」=「スピード感のある文章」ではない と著者は書いています。

完読されるためには「適切なスピード感にコントロールすること」が大切とし、まずはスピード感が出せることを目標にし、次に適切にコントロールすることを身につける。
快適なスピードで読者を完読まで連れていくわけです。

「スピード感」という言葉に惑わされてはいけません。「しっかりと伝える」ことこそが完読につながるのですから。
この第4章は、第3章と同じぐらいのボリュームになっていますので、この本の核といえます。

第5章:読んでもらうための工夫

第3章や第4章は、文法面にスポットをあてていました。

この第5章は完読してもらうためのテクニックが書かれています。長い文章を書く場合や、企画書の書き方、インタビュー記事の書き方も紹介されています。
さらに文章のレベルを上げるためのテクニックは必読です。

まとめ

個人的には知っている内容が多く、「お得感」はありませんでした。

しかしまだ執筆経験の浅いライターには良書といえる内容です。終始、例文が豊富に掲載されているので理解が進むからです。
約200ページですが、非常に読みやすく(当然ですが・・・)一気に読める内容になっています。

「お得感がなかった」と書きましたが、私は3回読み返しました。書きなれたライターでも自分の「クセ」に気づかせてくれるという点では非常に参考になります。

コメント

error: Content is protected !!