【書評】LIFE PACKING2.1 高城剛流のパッキングの極意を知れ!

レビュー&書評
スポンサーリンク

前の『LIFE PACKING』は2012年11月に発売され話題になりました。


モノを減らした旅行や出張を目指す方には大いに参考になる1冊です。

今回のレビューは続編となる『LIFE PACKING2.1』です。
とは言っても2016年8月発行ですが(汗)

スポンサーリンク

前作との違い

『LIFE PACKING2.1』も旅行期間を設定し、その期間に応じたミニマムなパッキング方法を紹介しています。

ただその旅行期間の設定が2冊では異なります。

【LIFE PACKING】

1DAY PACKING
2WEEKS PACKING
1MONTH PACKING
3MONTH PACKING
1YEAR PACKING
FUTURE PACKING

 

【LIFE PACKING2.1】

1DAY
2NIGHTS3DAYS
2WEEKS TO 6MONTHS
1YEAR
FUTURE

ちなみに2NIGHT3DAYSとは2泊3日のことです。

共通する3アイテム

今回のレビューでは2冊に共通して掲載されているアイテムの中で、特に個性的なモノを3点ご紹介します。
2回にわたって紹介されているのですから、高城氏にとってはマストアイテムなのでしょう。

①クリアカードケース

『LIFE PACKING』でも『LIFE PACKING2.1』でも、一番最初の紹介されているアイテムです。
高城氏は財布を持ち歩きません。

免許証やクレジットカード・交通系ICカードはもちろん、バンドエイドや小さな定規まで挟んでいるようです。
意外と文房具店での取り扱いが少ないのが残念です。

②ねじめびわ茶24

財布を持ち歩かない高城氏。
カード類はクリアカードケースに収納していますが、お札はこの【ねじめびわ茶24】の空き袋に入れています。
この中に各国のお札を収納しています。

海外で泥棒に入られた経験がある高城氏。その時見向きもされずに難を逃れたのがこの袋だったようです。
日本国内でもこのお札入れを使用しているかは不明ですが・・・

③毛穴撫子 重曹つるつる石けん

石澤研究所というところが丁寧に作り上げている石鹸です。
1個800円・・・

今どき石鹸なんて100円ショップでも買える時代に800円する石鹸。
それだけ使用感が良いのかもしれません。

買うのは勇気がいりますが試したくなる商品です。
いずれ買ってレビューを書きたいと思います。

ドローンも紹介

前作『LIFE PACKING』は2012年11月に発売されましたが、読み返してみても特に古さは感じません。
今も販売されている商品も多く掲載されているからです。

今回紹介している『LIFE PACKING2.1』では少し家電モノの紹介が増えています。
カメラやPC、炊飯器に至るまで多岐にわたります。

特にドローンの紹介が目立ちます。すっかりドローンにハマっているご様子。
ドローン法に抵触しない小型のものから本格的なものまで紹介されています。

早く最新作を!

今作『LIFE PACKING2.1』は『LIFE PACKING』の3年半後に発行されました。
その『LIFE PACKING2.1』発行から3年が経過した2019年。

そろそろ最新作が読みたいなと感じている方も多いはず。
高城さん、よろしくお願いします!!!

コメント

error: Content is protected !!