ランサーズでライティングの修行をしてみる【クラウドソーシング】

副業・こづかいアップ
スポンサーリンク

ランサーズでは主にプロジェクト案件に提案してお仕事をゲットしています。
最初の頃はタスクで小銭稼ぎをしていました。プロジェクト案件はライバルも多いですがチャンスも多いので狙い目だと思っています。

副業としても注目されるクラウドソーシング。今回はランサーズで小遣いを稼いでいる私の実体験です。

スポンサーリンク

文字単価は気になるけど・・・

1文字1円 などのアレです。私はあまり気にしていません。提案する報酬金額はいつもギリギリです。
でもそれで構わないのです。

書くこと自体がライティングの修行になると思っているからです。1文字0.5円であっても喜んで提案します。あえて作業時間や効率なんて考えていません。

  • いかにわかりやすい文章が書けるか
  • そのためにどんなライティングを身につけるべきか

この2点しか興味がないからです。採算度外視もいいところですが・・・

増え続ける直接依頼

おかげさまで、一度採用されたクライアント様には継続してご依頼をいただけることが多く、まさに最高の修行となっています。

キャラクターを使い分けるので文体も変えるのは結構大変です。
修正依頼が来ることは稀ですが、迅速に入稿することを第一に考えているため中身が薄い文章になることもたまにはあります。

一度でも直接依頼していただいた場合、半年以上は依頼が継続することがほとんどです。書くテーマはあらかじめ指定されますから探す必要はありません。
ただ実体験のないことを書き連ねるのは骨が折れます。転職や借金のことならいくらでも書けるのですが。

さまざまな文献やサイトを参考に書き上げ、推敲を重ねて書くのは重労働です。丸一日PCの前に座っていても一文も書けないことも多く、文才のなさに呆れるばかりです。

副業としてのランサーズ

クライアントさんとの契約は1文字1.5円が多いです。1記事あたり3,000文字指定が多いので1記事4,500円ほど。

3日に1回=月10記事納品として45,000円
それが3クライアントあるので135,000円は確実に懐に入ります。サラリーマンの副業としてはいい方だと思うのですがどうでしょう?
3日に1回納品といっても3クライアントなので毎日納品している感じです。

ブラインドタッチができない!

これは致命的問題だと思っています。左右の人差し指でタイピング(もちろんキーボードを見ながら)しています。

このブログは思いつくままに書くことも多いですが、ランサーズに関しては手書きで下書き原稿を書いてからPCに向かいます。なので時間効率は最悪です。時給に換算したらいくらになるのか恐怖さえ感じます。

だからこそ報酬優先で書くことはできません。そういう意味でも「修行」です。

毎日がライティング修行だ!

往復の電車内で、今日書くことをボンヤリと決めて「脳内下書き」をします。
ある程度方向性が見えてきたらノートに殴り書きします。

スマホなんて使いません。完全アナログの手書きです。スマホに入力していくより、殴り書きで原稿を書く方が私の場合、圧倒的に早いのです。

そんなやり方でも月13万円以上稼いでいるのです。ただし、慢性的な眼精疲労に悩まされていますが。。。

まだまだ稼げる!

結局のところ、時間さえあればクラウドソーシングで稼ぐことは可能だということです。サイトを作成できたり、イラストが得意な人は案件が豊富にありますから稼ぎやすいはずです。

ド素人の私はプロフィールを登録したり、仕事の流れを理解するのに苦労しました。実績が何もないので、最初はプロフィールを充実させました。
クライアントによってはコスト面しか重視しない人もいれば、人物重視の人もいます。

私が継続して依頼を受けているクライアントさんは人物重視の方ばかりです。副業であることもきちんと伝えてあります。なのでムチャな納期を設定されることもありません。

人物重視で採用された方が得することがあります。
それは報酬アップの交渉です。報酬の見積り額勝負で採用されたであろう場合、

「文字単価、上げてくれよ!」

と思っていても切り出せないものです。
しかし、人物重視で採用された場合はけっこうワガママが通ったりします。

「納期1週間早めるから文字単価を3円に・・・」

とか。Win-Win(死語)であれば交渉の余地ありですよ!

まずは気軽に始めてみよう!

ランサーズを利用するのにお金は必要ありません。思い立った今こそ始めてしまえばいいのです。
実績がなくてもプロフィールが充実していれば、クライアントから連絡がくることもありますよ。

文章を書くことがニガテならオススメの本がありますの過去記事をご覧ください。

この3冊を読んでおけば大丈夫!特に『20歳の自分に受けさせたい文章講義』はオススメです。

コメント

error: Content is protected !!