山本KID徳郁の死因はなんだったのか?

ニュース
スポンサーリンク

山本KID徳郁さんが本日2018年9月18日に亡くなられてしまいました。

コアなファンではありませんでしたが、ただただ残念です。

 

スポンサーリンク

あまりにも早すぎた

ガンとの闘病をインスタグラムで公表して1ヶ月。

あまりにも早すぎないか・・・

 

2015年の大晦日に魔裟斗と対戦した試合を最後にリングに選手として上がることはありませんでした。

それでもセコンドや関係者席で声援を送る姿は何度もTVに映っていました。

 

そして突然のガン闘病を告白。

誰も想像できない衝撃でした。

公開された写真は車椅子に乗ってポーズを決めるKID。

 

しかしその姿は明らかに痩せていました。

ガンのカミングアウトから1ヶ月あまりで亡くなってしまったことを考えると、この時すでにガンは相当進行していたのでは?と考えられます。

 

考えられるガン

若くしてガンになったとはいえ、考えられるガンは数多くあります。

 

先日亡くなられた翁長元沖縄県知事は膵臓ガンでした。

膵臓ガンは発見しにくいガンとして有名です。

 

KIDがこの膵臓ガンを患っていた可能性は十分にあります。

41歳の若さですから進行が早く、今日という日を迎えてしまった可能性があります。

 

タトゥーとガン

KIDの体には多くのタトゥーがあります。

それがガンの引き金になったのでは?という論争が起こっています。

 

この場合、肝臓ガンが考えられます。

タトゥーは施術に用いる針の使い回し等で肝炎を引き起こす可能性があり、肝臓への多大なストレスで肝臓ガンになってしまうのです。

 

正式発表はあるのか?

闘病を告白した時は、病名やステージ等の公表はありませんでした。

今回も周囲の動揺を招く恐れもあり、公表されない可能性も十分あります。

今後の発表に耳を傾けましょう。

 

大きな感動と勇気あるファイト、ありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

追記

死因について胃ガン(ステージ4)と闘病していたことが明らかになりました。

コメント

error: Content is protected !!