イクボスやイクボス宣言に自治体や企業が注目しはじめたわけ

ニュース
スポンサーリンク

【イクメン】という言葉が誕生し、すっかり定着しました。

そして近年、新たに【イクボス】という言葉が生まれ注目されています。

スポンサーリンク

イクボスとは

イクボスとは、イクメンを育成するために仕事と育児の両立、職場支援などに努める上司のこと。

もちろんこの上司には男性だけでなく、女性管理職も含まれます。

 

広がるイクボス宣言

イクボス宣言とは、自治体や企業がワーク・ライフ・バランスを大切にしながら、子育てに全力投球できるような環境や仕組みを整えることを対外的に宣言することです。

つまりイクボス育成に力を入れていることを公にすることを言います。

NPO法人ファザーリングジャパンが行っています。

 

取り組みのポイントは?

イクメンが対象であることがポイント。ママが主体となるこの手の取り組みは多くありますが、あくまでパパが主体です。

男性であるパパが一生懸命に育児に取り組むことが、ママの育児負担を減らしたり社会進出・社会復帰につながると考えられているからです。

そのためにも、パパが育児を優先できる職場環境を整える【イクボス】の存在が必要不可欠になってくるのです。

 

国の動き

平成28年12月27日。塩崎厚生労働大臣がイクボス宣言を行いました。

このことは【働き方改革】にも関係しているといえるでしょう。長時間労働の是正や、男性の育児休業の取得促進はその一例です。

 

イクボス10ヵ条

先述したNPO法人ファザーリングジャパンでは【イクボス10カ条】を作成しています。このうち半分以上に該当することがイクボスの証としています。

 

①理解

②ダイバーシティ※

③知識

④組織浸透

⑤配慮

⑥業務

⑦時間捻出

⑧提言

⑨有言実行

⑩隗より始めよ

※多様性

 

まとめ

自治体や企業がイクボスの育成に注目し始めました。

これにより研修やセミナーの実施も盛んになってきました。

従来の価値観を持った経営陣、管理職の意識改革の一つとしてイクボス宣言を行う自治体や企業が今後、増えてくるでしょう。

コメント

error: Content is protected !!