夫が育児に参加しない理由 ~イクメンへの反発~

育児・夫婦の話
スポンサーリンク

育児頑張ってますか?
何歳であれ我が子はかわいいですよね。私にとっても4歳の息子は生甲斐そのものです。
イクメンという言葉が広まって随分経ちました。あなたの旦那さんは「イクメン!」と言えますか?
もしそうでないなら、その原因を考えてみましょう。

スポンサーリンク

①イクメンのイメージが違う

夫婦お互いのイクメン像の違いが原因であるタイプです。

あなたが求めるイクメン像を旦那さんは知っていますか?
あなたは旦那さんが持っているイクメン像を理解していますか?

「オムツさえ替えてくれればいい」
という女性もいる一方
「全て関わって欲しい」 
という女性もいます。

まずは旦那さんの心の中にあるイクメン像を、それとなくコッソリと探ってみてください。
ただし露骨に正面から聞いても本音は聞き出せないですよ。。。

②気持ちはあるけど・・・

イクメンとはいかなくても、積極的に育児に参加したいけど「仕事が忙しい!」、「時間がない!」と言うタイプ。

旦那さんが仕事中心の生活になるのは仕方がないこと。大黒柱としての責任があるのですから。
他のイクメンな旦那さんを引き合いに出して比べるのはヤメてください。
男性はプライドの生物。比べるなんて最悪のパターンですよ!

③知識不足

ミルクの温度や入浴時間、遊び方など調べればわかるようなことですら調べないタイプ。

そのくせスマホばかりいじってたりしますが。。。
一見、育児に参加しなさそうに見えるかも知れませんが、あなたが【優しく】教えることで積極的に変身するタイプでもあります。
旦那さんにイクメンを期待するなら我慢強く、そして早い段階から教えてあげてください。

④経験不足

知識はある(あると思われる)のに実行しないタイプ。

でも、あなたがうまく誘導できればイクメンになれる最有力候補でもあります。
経験がないので、間違ってあなたに怒られことを警戒しているかも知れません。知識は既にあるのでスムーズに変身してくれる可能性が高いですが、やっぱりあなた次第。
あなたのイメージややり方と違うからといって、口やかましく言ったり焦って様々なことを一度に詰め込みすぎないようにしましょう。

⑤叱られたくない

個人的にはこのタイプが一番多いと思っています。

旦那さんだって実はイクメンを目指そうとして勉強しているかもしれません。
(そんなわけがない と決め付けるなら旦那の育児参加はムリでしょう)

あなたがアレコレとダメ出ししてしまい、結果的に

「そんなに言うなら、もうやらん!」
と怒らせてしまっては本末転倒。

失ったヤル気を取り戻すのは大変です。間違っていたとしても、まずは育児に取り組もうとした姿勢を認めてあげてください。

⑥イクメンなんて認めない!

鼻からイクメンなんて認めない「俺は俺」タイプ。

「イクメンなんて芸能人だけ!」
「点数稼ぎだろ!」

改善の見込みが限りなく無い、絶望的なタイプ。だからといって、あなたが冷静さを失うの疲れるだけです。

ポイント:求めすぎないこと

あなたの旦那さんはどのタイプでしたか?

総じて男性は【イクメン】という言葉に良いイメージを持っていません。そのアレルギー反応が強いと育児不参加につながるのです。
イクメンを求められることでイライラしたり、プレッシャーを感じている旦那さんは、あなたが思うよりずっと多くて深刻なんです。

あなたの理想が高ければ高いほど、旦那さんはイクメンになれません。一方的な命令や上から目線の指示では反発を招くだけ。

無関心に見えて実は旦那だって「育児は大変だけど楽しいもの」ということをあなたの姿を通じて見ています。

高い理想や育児のイライラをぶつけても、旦那さんはイクメンにはならないでしょう。

error: Content is protected !!